<< YZF-R1  4回目のレース(6/3 筑波選手権R2) | main |

YZF-R1 で初転倒!

前回の筑波レースで試した構造の強いリヤタイヤ

どうもこのタイヤをうまく使えてない感じがしたので、

レースが終わってすぐに練習走行を走りました

 

 

リヤタイヤが強いので、コーナーの頂点辺りでフロントタイヤが

負ける気がしていたので、フロントサスペンションを少し硬めに

アジャストして走り出したところ・・・

 

フロントの接地感はとても良好

ならばもっと荷重をかけられそうだな、と判断して

ブレーキング開始ポイントを少し奥にとって、

さらにコーナースピードを上げて・・・

 

と、入っていった最終コーナー。

一気にフロントのグリップを失って、

あっという間にフロントからスリップダウン。

 

バイクは最終コーナーのアウト側のスポンジに突っ込んでいき

私もそのままスポンジに突っ込んで行きました。

 

幸い、体にはな〜んもダメージはなかったのですが、

バイクはくちゃくちゃで見る影もありませんでした(*´ω`*)

 

あれ? グリップは感じでいたのですが、

なんであんなに一気に転んでしまったのか?

 

後で思い返しても、原因がよく分かりません

そこで、テツゴ選手にデータロガーを見てもらいました

その画面がこちら

 

 

 

 

彼の注目したところは、赤の丸で囲ったリヤのストローク

 

コーナーの進入時にリヤに荷重がかかるタイミングが遅いとのこと。

私の走り方(又は車体の作り方が)コーナーの前半で、

フロント一輪車の状態になっている とのことでした。

 

??

なんかわかったような、わかってないような、

そこで、その次のモテギの練習のときに

テツゴ選手に私のR1に乗ってもらいました。

 

彼のコメントは・・・

車体の姿勢が、フロント下がりすぎ、リヤ上げすぎ、とのこと

 

そういえば、私は、シーズンの初めからこのバイクを

“いかに効率よく曲がるか?”

“いかにコーナーリングスピードを乗せていけるか”

をメインにセットアップしてきたのですが、

 

テツゴ選手の見解は違いました。

1.  あまりにもコーナー重視な車体姿勢だと、コーナーの進入で

   リヤが入っていくときの感覚がつかみにくくなりませんか?“

2.  JSB車両はハイパワーなので、

   アクセルを開けていくところの手ごたえが重要”

 

とのこと、う〜ん

あんまり今まで考えたことのないポイントでした。

 

 

コーナー進入時にもっと早めにリヤに荷重を移しておくこと、

移しやすいように、リヤ車高は低め、リヤのバネレートは低め、

リヤイニシャルは抜き気味。

 

そういえば、WSBでもJSBでもコーナーの前半部分は進入ドリフト

これって、前下がりのシュワッチしたバイクではできないですよね。

 

今までは、

スピードを乗せて、曲がるバイクを作っていっていたのですが、

ちょっと方針を転換して、

スピードを乗せても、コントロールしやすいバイクを作っていく

 

こういったところでしょうか?

 

ということで、転倒したことをきっかけとして、方針転換。

 

 

今までの走り方を見直して、

次なるステージに進んでいかなければなりませんね!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
mobile
qrcode