<< 年明けの練習 | main | 走り込みの効果が出てきてます。 >>

1月ですが、走りこんでます。

不器用な私はとにかく練習です。

 

週に1回は走っております。

とはいっても走りやすい日もあれば、寒くて走れない日もありました。

 

写真のこの日は寒波に覆われていて、もてぎの朝の気温はマイナス5

朝の1回目の走行前の気温0

 

あったかいコーヒー買って、ちょっと置いておくと

すぐにぬるくなります( 一一)

 

この気温で走れるのか?

まあ、物は試しで走ったところ、

走行中のヘルメットの中で、涙が止まりませんね。

しかも、ブレーキングの時に、その自分の涙がシールドについて、

前が見えません。

 

さすがに気温0℃はあきらめました。

 

気温8度ぐらいあれば、タイヤのグリップは別として、

通常に練習ができるので、今後は気温をよく見てから走りましょう。

 

 

 

さて、その練習内容。

 

いま、色々な課題がありますが、頭のなかで整理すると、まず片付けたいのが、

加速区間です。

 

Toyoさんにも“コーナーは立ち上がりから考えましょう”

と言われてます。

 

これは、最適な加速を得られるようにコーナーを組み立てる、ということで、

ラインどりなどの考え方は

  加速区間(出口)

  コーナー

  進入区間(入口)

の順で考えるってことですね。

 

 

その、加速区間。

コーナーの出口ウイリーしてしまうバイクを、どう加速につなげていくか?という課題。

 

その対応として、いろいろなライダーに聞いて、教えてもらいました。

大まかにまとめると。

 

 〜瓩瓩離轡侫肇▲奪廖柄芦鵑離屮蹈阿能颪い燭海箸任垢諭

 △泙辰垢阿縫丱ぅを起こさない  

   ・・直線区間でも、すこーしバイクを傾けた状態をキープする

 Nち上がりでアクセルを開けるときに内足を蹴って、バイクが起きないようにする

 

このの手法ですが、現役を引退した元全日本チャンピオンに教えていただきました。

ちょうど筑波サーキットのアドバイザーで来ていた時に、質問して、教わりました。

アドバイザーのシステムってとても素敵ですね。

 

もっとも、教えてもらった後で試してみたのですが、

なかなか難しかったです。

このは引き続き練習ですね。

 

そうこう、課題を練習しているうちに、立上り区間については、

だいぶ不安なく乗れるようになってきました。

 

 

そこで、次の課題。

コーナーリングですね。

 

続きは次回の更新で!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
mobile
qrcode