<< 4耐練習終了 | main | 熱い、そして暑かった鈴鹿4耐 >>

鈴鹿Fun&Runに出場しました。

 

鈴鹿サーキットで行われているFun&Run

このレースにはツインのクラスがあり、また、年に1回だけはフルコース開催があるので、

出場してきました。 


 

ドカティで走る鈴鹿。

ここの最近、4耐に向けて鈴鹿を走りこんでいるので、ドカティで走るならチャンスかと。

 

鈴鹿をドカティで走るのは初めてなのですが、

切り替えしが多いこの鈴鹿サーキットを軽いドカティで走ったらさぞ楽しいでしょうね。

という趣旨で、参加してみました。

 

予定では練習走行を1回入れるつもりでした。

が、600での走りが、思いのほか納得いかなかったので、

レース前の水曜日の練習を600で走ってしまい、レースはぶっつけになってしまいました。

 

ファイナルギアはFUJIスピードウェイと同じでどうかなと

足回りはとりあえず筑波のまんまで

あまり思い悩まずに、走りでなんとかできたらな~と。

 

という感じで乗り込んだレース当日、

初めて出るレースなので、段取りなど良くわかってない私たちに

親切にしていただいた鈴鹿のみなさんありがとうございました。

 

そして、予選。

やっぱりドカティで走る鈴鹿サーキットは気持ち良かったです。

 

今まで600で練習してきて、うまく走れなかったコーナーもすいすい走れました。

まあ、自分の一番乗りなれたバイクだったからとも言えますけどね!

 

そんなことで、予選では600とさほど変わらないタイムで走ることができました。

 

そして、決勝レース。



写真はToyoさんが撮ってくれました
絵心を感じます








この調子でもっとペースを上げていきたいところですが、鈴鹿はそんなに甘くありませんでした。

 

600の練習でもよくあるのですが、少しタイヤが滑ったり、不安要素があると、

思いのほかペースダウンしてしまいます。

私のライディングはどちらかというと、石橋を叩いて渡る方。

 

この石橋の叩き方が鈴鹿ではどうも間違っているようです。

 

このコーナーではスピードを乗せておくとか

このコーナーでは手前できちんとスピードを殺して、気持ちを切り替えて開けていくとか

 

このコーナーの出口ではリアを滑らせてはタイムロスになるとか

このコーナーは少し滑ってもお釣りを食らわないならOKとか

 

レースではタイムアップできませんでしたが、

その辺の組み立ての勉強にはとても役に立ちました。

 




さて、つぎはいよいよ
4時間耐久の本番レースウィーク

楽しみになってきました。

【スタート直後の1コーナー】


【130Rです】

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
mobile
qrcode