<< 筑波練習走行(9/30) | main | その後の筑波練習走行(10/26,27,29) >>

筑波練習走行(10/14)



 この日は私の練習の合間に、Ooki選手とToyoさんにも乗ってもらいました。
 

この日試してみたかった私の走り方は、Toyoさん語録にある

“コーナーは思ったより手前から始まっている”

 

前回のようにブレーキング開始位置を奥に取ると、

そのままコーナー組み立てが奥になって行き、

この語録にある“コーナー開始位置”が遅れてしまいます。

 

走っている自分はブレーキングポイントが奥になっているので、

その臨場感というかバクバク感で、攻めている気になってしまうのですが、

コーナー開始位置が奥になるということは、

コーナー前半のRを大きくとることができなくなり

そうすると、コーナー前半のスピードを乗せられない

というマイナススパイラルに陥りがちです。

 

筑波サーキットはコーナー前半部分(クリップにつくまでの区間)が長いので、

そこでのコーナーリングスピードはとても重要です。

 

さて、前半部分でフロント荷重をどうやってかけていくのか・・

前回の私はブレーキを握って荷重をかけていくことがうまくできなかったので、

今回は旋回Gで荷重をかけてみようかと・・

 

この日いろいろ足回りのセットを替えたりして、うまく走れるところを探りました。

そして、Toyoさんにテストライドしてもらい、Ooki選手にも乗ってもらいました。






 

走り終わってみんなでこうじゃないか?ああじゃないか?

と話している時間ってとても楽しいです。

 

よくよく考えてみれば、このA級ライダーの二人は、

筑波で一番コーナーリングスピードが速いToyoさん

筑波で一番ブレーキングが深いOokiさんではありませんか!

 

この贅沢な二人の意見をまとめてみていろいろ検討した結果、

サスペンションは前後とも仕様変更をすることにしました。

 

そして、私の走りのほうはどうするかというと・・

 

やはりToyoさんの作ったバイク、

Toyoさん流に走りましょということで、次の課題は!

 

1.    コーナー前半のスピードを乗せる→

2.    前半のRを大きくとる→

3.    カットインポイントを手前にする

 

↑これも豊さん語録にできないかな〜

 

 

 “ブレーキ開始ポイントを奥にする”という自分の前回の課題を

あっさり捨てて真逆の課題にチャレンジです。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
mobile
qrcode