<< スペアエンジンGet!(6/4) | main | FSW(富士スピードウェイ)スポーツ走行 >>

FSW(富士スピードウェイ)ライセンス取得





スポーツ走行を走りたくなり、富士スピードウェイのライセンスを取りに行ってきました。
2時間のライセンス講習は睡魔との闘いでしたが、
終わってみるとコースでは、フォーミュラーカーが走っていました。
く〜うぅ!かっこよすぎ!


一気に目覚めて、思わず写真を激写!
F-3のマシンでしょうか? やっぱりフォーミュラーカーはいいですね。







ヘアピンカーブの慣性ドリフトなんて、かっこよくて見ていて惚れ惚れします。


あぁいつかは乗ってみたいですね。


それはさておき、私のドカティ。
ノーマルエンジンでは一体どこまでいけるのでしょうか?

またまた、ロガーデータとにらめっこです。

車速のグラフを見てみると、最高速はおそらく
チューンドエンジン 235km/h
ノーマルエンジン  215km/h ぐらいでしょうか。



この辺がFSWのストレートで出るようにファイナルレシオを計算してみましょう

下の表はToyoさん秘蔵のドカティのミッションレシオの表(車速換算表)です。




左からスタンダードミッション
SPミッション
コルサミッションでの8750rpm時点での車速です。

ちなみに車速の計算式は
一次減速比/二次減速比/ミッションレシオ/求める回転数×2×タイヤ半径×円周率×60/1000000
で算出されるそうです。

チューンドエンジン&SPミッションでの筑波のファイナルレシオは
16-43です。(オレンジ色部分)
チューンドエンジンでFSWの最高速、240km/hあたりを狙うなら、16-38ぐらいでしょうか、
(緑色部分)

そして、次回のレースはノーマルエンジンです。
チューンドエンジンでは、8750rpmまで回しているのですが、
ノーマルエンジンでは、おそらく8000rpmぐらいまでしか回らないと思います。
よって、車速換算表を8000で設定しなおすと・・・

次の表は8000rpmでの車速数値です。



黄色の部分の筑波で使用している16-43そのままで、約220km/hあたりと
まあこの辺から始めてもよさそうですね。

あと、250回転上まで回ってくれると、最高速が約20km/h伸びる計算になるのですが、
実際はどれぐらい伸びるのでしょうか?

このノーマルエンジンが空気の壁をどこまで破れるのか、
そう考えると、チューンドエンジン+SPミッションがどれぐらい伸びるのか、
両方とも試してみたくなりますね。

いやはや、車速換算表なかなか面白いですね。
そしていつかCORSAミッションにもTRYしてみたいです。
(ギアチェン忙しそうですが・・・)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
mobile
qrcode